毛穴の開きやたるみを解消

50代は保湿重視のスキンケアを

乾燥が毛穴の原因となる50代。紫外線は乾燥の元なので、出かけるときはしっかり対策しましょう。

  1. メールで相談する
  2. カウンセリング予約をする

年代別毛穴の悩み
50代

50代

ある調査によると、50代の毛穴の悩みは1位が「毛穴の大きさ」、2位が「数が多い」、3位が「毛穴の開き」となっています。毛穴が大きく見えるのは、皮脂の分泌量が多いことが原因している場合もあります。ただし、50代にもなると若い頃とは皮脂の分泌量も違います。個人差はあるものの10代後半~20代前半をピークに年々減少し、女性の場合は、更年期を迎える頃に急激に減少します。50代で毛穴が大きく感じたり、毛穴の数が多いと感じたりするのは乾燥が原因していると考えられます。乾燥して肌の水分が不足すれば、キメが荒くなるため毛穴の大きさや数が気になってしまうのです。

乾燥による50代の毛穴の悩みは、保湿重視のスキンケアに変えるのが一番です。洗顔後には保湿成分の入った化粧水をたっぷりと含ませましょう。洗顔後、時間をあけずすぐに化粧水をつけてあげることと、2度づけがポイントです。朝の洗顔後も美容液や保湿クリームをプラスしてあげてください。また、外出の際はもちろん、お洗濯を干したりゴミを出したりというちょっとした時間でも、UVケアはしっかりと行いましょう。紫外線は思っている以上にお肌の乾燥を招いてしまいますので、紫外線を浴びない工夫が大切になります。帽子よりはできれば日傘のほうが、顔に紫外線を浴びる範囲が狭くなりますのでおすすめです。

とは言え、この年代になってくると、大きく開いた毛穴をスキンケアや日常生活で小さくするのはかなり難しくなります。そこでおすすめなのが、金の糸を使った「ゴールデンリフト」です。老化した肌にハリとツヤが蘇り、総合的な若さを復活させてくれます。半永久的な効果がありますが、値段は少々高めになります。もう少し手軽にという方には、ハリを取り戻す「サーマクール」やしわやたるみにも効果のある「ポラリス」、肌のコンディションを総合的に整える「フラクセル2」がおすすめです。

  • メール相談やカウンセリングをご検討の方