毛穴に関する情報をご提供

年代別に毛穴の悩みを徹底解剖

毛穴に対する対策は年代ごとによって変化が必要です。各年代ごとの対策法をご紹介します。

  1. メールで相談する
  2. カウンセリング予約をする

毛穴の原因

皮脂の分泌が多い10代から20代、分泌量が減ってくる30代、たるみが気になり出す40代、乾燥が大敵となる50代・・と、年代ごとに毛穴に対する対策は変化が必要です。10代の頃は洗顔だけでケアできますが、20代や30代になると、外側からだけではなく、体の内側からのケアも必要になってきます。また、年を重ねても、若い頃に使っていた化粧品と同じものを使うのはNGです。肌の質に合わせて、それに見合った成分の化粧品を使ってあげることも、毛穴対策のひとつです。

思春期と呼ばれる10代は、性ホルモンが活発になり皮脂の分泌が増えてくる年代です。毛穴の悩みとしては、鼻やオデコの角栓の詰まりです。「詰まり毛穴」や「黒ずみ毛穴」、「凸凹毛穴」と呼ばれる症状があります。予防には、洗顔が一番大切です。

まだまだ皮脂の分泌が盛んな20代。鼻を中心に毛穴が目立ち始め、小鼻の黒ずみも気になってきます。黒ずみ=角栓ができてしまう原因は、洗顔不足や間違ったスキンケアにあります。また、甘いものや脂っぽいものの食べすぎや、お酒の飲みすぎなども皮脂の過剰分泌の原因となるので気をつけましょう。

皮脂の分布量が減ってくる30代は、加齢により肌が乾燥することで毛穴周りの細胞が縮み、余計に毛穴が目立ってしまう傾向があります。たるみ毛穴と呼ばれる30代の毛穴。対策としては、外からだけでなく、体の中からもケアしてあげることが大切です。

加齢によるたるみ毛穴が深刻化してくる40代。皮脂の分泌が少なくなってきた40代になっても、皮脂の分泌が多かった20代の頃と同じ化粧品を使うのは、肌の組織を傷つけてしまったり、乾燥を促進させてしまう原因となりかねないので、今一度確認をしてみましょう。

乾燥が原因で毛穴が大きくなってしまう50代では、対策として、保湿重視のスキンケアに変えてあげるのが一番です。また、紫外線は思った以上に肌を乾燥させるので、長時間の外出以外でも、ちょっと外に出るときにも紫外線対策はしっかり行うことが予防につながります。

  • メール相談やカウンセリングをご検討の方
年代別毛穴の悩み
10代
20代
30代
40代
50代
Recommend
医療レーザー脱毛なら
美容整形外科で行うレーザー脱毛は短時間・安全で確実な効果が得られます。