気になる毛穴のことなら

毛穴の原因となる皮脂の分泌を抑える方法

ストレスや偏食によってバランスが崩れると、皮脂の過剰分泌の原因となるので注意が必要です。

  1. メールで相談する
  2. カウンセリング予約をする

毛穴の原因
皮脂の分泌

皮脂の分泌

毛穴の悩みには、黒ずみを始め、角栓や毛穴の開き、たるみなどさまざまあります。その中でも、皮脂が原因している毛穴の悩みは「角栓」や「黒ずみ」となります。また、毛穴の開きも皮脂の影響を受けることがあります。

皮脂は、お肌にとってダメージを受けるメイクや細菌などから身を守るバリア機能を果たす、とても重要な役割をしています。ところが、その一方でニキビや毛穴の黒ずみなどの肌トラブルの原因ともなる嫌われ者の一面があります。

皮脂は古くなった角質やメイク汚れなどと混じり合って角栓となったり、表面で酸化すると黒ずんだりします。ですから、こうした毛穴の悩みには、皮脂の分泌を抑えてあげることが大切です。

皮脂は年齢によって分泌量が変わってきます。10代後半から20代前半をピークに年々減少し、40代頃から急激に減少します。また、皮脂の分泌は気温によっても変化します。寒い冬よりは、暑い夏のほうが当然皮脂の分泌も多くなります。しかし、それだけではなく、ストレスや偏食などによっても皮脂のバランスが崩れますし、甘い物や脂っこい食べ物なども皮脂の過剰分泌の原因となります。

見落としがちなのは、間違ったスキンケアによっても皮脂が過剰に分泌されてしまうことです。1日に何度も顔を洗ったり、皮脂やテカリが気になって油取り紙でよくふき取ったりしていませんか?

実は、これらは皮脂の分泌を余計に活発にしてしまうのです。洗顔で余分な皮脂を取り除いてあげることはとても大切です。ただし、必要以上に洗顔をしたり油取り紙を使用したりすれば、肌にとって必要な皮脂まで落としてしまうため、毛穴は自分の身を守ろうとし余計に皮脂を分泌します。すると、洗顔&油取り紙の使用量は余計に増え、必死になって皮脂を分泌するという悪循環になってしまうわけです。

  • メール相談やカウンセリングをご検討の方