知っておきたい毛穴の情報

顔全体のトータルケアが可能な金の糸

純金の糸を肌に埋め込む施術法。老化予防の効果もあるので、半永久的に若々しい肌を保てます。

毛穴の治療法
金の糸

半永久的な効果で顔全体のトータルケア

金の糸は古代エジプト時代にクレオパトラも美容施術を行っていたと言われており、しわやたるみの解消のほか、毛穴やニキビ跡の改善など、顔全体のトータルケアが可能です。

老化した肌にイキイキとしたツヤと血色を取り戻し、総合的な若さを復活させます。そして効果は半永久的に持続し、20〜30年後でも通常より老化しにくい状態を保ってくれます。

施術は、極細の針を使用して、改善したい部分の皮膚の真皮層に、純金の糸を通していくというもの。施術時間は約30分。糸の埋め込みは顔だけでなく、年齢が現れやすい首、デコルテや手の甲にも可能です。

金の糸のメカニズム

人間には異物が体内に侵入すると、防衛反応で排除しようとする働きがあり、これを「免疫反応」といいます。金の糸はこの免疫反応によって自己増殖サイクルを構築させます。

金の糸を皮下に挿入すると、細胞は金の糸を「異物」と見なして損傷を回復しようとします。細胞を増やそうとする作用が働き始め血行を促進し、なおかつ「線維芽細胞」を活性化してコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を生み出します。しかも大食細胞は、シミの原因を生み出すメラニン細胞などを食べるため、総合的な若返りが実現できます。

STEP1 細胞が金の糸が入ってきたと認識 STEP2 免疫細胞が戦った傷を修復 STEP3 新陳代謝を繰り返し、コラーゲンが増殖
金の糸を皮下に入れることで、細胞が感知します。
金の糸の刺激により、免疫を運ぶ毛細血管が大量に伸びはじめ、損傷を回復しようとします。
「線維芽細胞」が活性化し、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を次々に生み出します。

施術について

  • 施術時間 30分
  • 術後の通院 なし
  • 術後の腫れ ごくわずか(個人差あり)
  • カウンセリング当日の治療 可能
  • 入院の必要性 なし
  • 麻酔 クリーム麻酔と局所麻酔併用
  • シャワー 当日より可能
  • メイク 当日より可能
  • 洗顔 直後より可能

あなたの不安解消

★痛みは大丈夫?
施術は、クリームと極細の針による注射で局所麻酔をしてから行うので、術中の痛みはわずか。また、極細の針を用いて純金の糸を入れるので、術後の腫れや痛 みも少なく、施術当日から普段と変わらない生活が送れます。