加齢とともに気になる出す毛穴の悩みなら

肌トラブルの元凶である角栓

大切なのは角栓ができないようにするケア。保湿をたっぷりと行って、肌に水分を補ってあげましょう。

  1. メールで相談する
  2. カウンセリング予約をする
美肌改善ラボ

毛穴の開きは角栓がポイント

毛穴の開きと角栓には大きな関係があります。

角栓は、古い角質やメイクなどの汚れが皮脂と混じり合ってできたもの。角栓は徐々に硬くなっていき、やがてはカチカチになり毛穴にフタをしてしまいます。それが、さまざまな毛穴のトラブルにもつながっていきます。毛穴ケアのポイントは角栓にあり!と言ってもおおげさではないほど、角栓の存在は毛穴の開きだけでなく、あらゆる肌トラブルの元凶とも言えます。

角栓ができている毛穴は、角栓ができていない毛穴よりも約4倍もターンオーバーが早いというデータもあります。ターンオーバーが早いのは良いことなのでは?と思われがちですが、早ければそれだけ古い角質がたまるスピードも早いということです。ですから、きちんと洗顔をして古い角質を取り除いてあげなければ、毛穴の中は老廃物でいっぱいになってしまいます。

そこで、大切なことは角栓ができないようケアしてあげること。角栓ケアには、とくに保湿が重要になります。肌に水分が足りないと、皮膚組織は潤いを補給するために慌てて皮脂を分泌します。皮脂の分泌が多くなると、余計に角栓ができやすくなり、硬くなった角栓はますます毛穴を広げてしまいます。ですから、毛穴の開きには洗顔後の保湿として化粧水をたっぷり補い、保湿成分の配合された美容液などをプラスしてあげましょう。

化粧水をたっぷり手に取り、肌になじませます。このとき、手の平で頬のあたりを包み込み、化粧水が浸透していくのをサポートしてあげましょう。浸透したらさらにもう1度、化粧水をつけてあげます。とくに30歳を超えると肌の水分不足が深刻化してきます。また、20代でも1日中エアコンのついたオフィスなどで仕事をしている場合、肌はかなり乾燥していますので、やはり化粧水の2度づけをしましょう。また小さなボトルなどに化粧水を入れ、肌の乾きを感じたらこまめにスプレーしてあげるのもいいですよ。角栓を軟らかくしてあげるには、洗顔前に蒸しタオルで肌を温めてあげたり、お風呂にゆったりと浸かったりするのもおすすめです。

  • メール相談やカウンセリングをご検討の方