黄体期はホルモン分泌が活発化

皮脂分泌が活性化して生理前ニキビができる

血行不良が生理前の不調の原因なので、規則正しい生活をしてストレスを溜めないようにすることが大切です。

  1. メールで相談する
  2. カウンセリング予約をする
美肌改善ラボ

「知っていますか? 生理とにきびの関係」

ホルモン分泌と深い関わりがあるニキビ。生理前になると、どうしても肌の状態が不安定になり、カサついたりニキビができやすくなる女性も多いかと思います。生理前のニキビの予防、治療をするために、まずは生理とニキビの関係についてご説明します。

女性の生理には、月経期→卵胞期→排卵期→黄体期という4つの周期があり、一般的に、この4つの周期は28日前後のサイクルで繰り返されています。各期によって体内のホルモン量が変動し、バランスが乱れることもあり、これが、ニキビなどの肌荒れをはじめ、頭痛や腹痛といった身体的な症状の原因となっています。

また、黄体期になると「黄体ホルモン」というホルモン分泌が活発になります。この黄体ホルモンは男性ホルモンと似た働きをし、皮脂の分泌を活発化させます。これにより、生理前にニキビのできやすい肌状態となる女性が多いと考えられています。

生理前のニキビについては、いまだに、即効性のある効果的な予防法や治療法は確立されていない現状ですが、なるべく緩和する方法はいくつかあります。まずは、血行不良が生理前の不調をいっそうひどくすることから、普段の生活をなるべく規則正しくすることが大切です。十分な睡眠や適度な運動、栄養バランスのよい食事を心がけ、ストレスを溜めないように心がけることが第一の予防法です。

また、生理前は敏感肌用の化粧品でスキンケアを行うことも大切です。生理前は肌が普段よりも弱くなっていますので、美白などの積極的なお手入れはあまりせずに、最小限の保湿のお手入れにとどめておくのが良いでしょう。そのほかにも、漢方などで症状が緩和する場合もあるようなので、症状がひどい場合は、一度専門医に相談してみるのがよいでしょう。

  • メール相談やカウンセリングをご検討の方